GMO WIMAXキャッシュバック特典

GMO WIMAXキャッシュバック特典で入会前のチェックポイント

GMOとくとくBBのWiMAX 2+はおトクなのか?

WiMAX 2+がどんどん広がってます。

 

GMOとくとくBBもかなりWiMAX 2+を押してます!

 



 

外出先でのモバイルも自宅でのインターネット接続も、
今やWiMAXが主流です。

 

WiMAXはつなぎ放題で安心!

 

現在はWiMAXからWiMAX2+にパワーアップして、
速度は下り最大110Mbpsで、光回線にも劣りません。

 

 

入会するにあたって特典が気になりますね。

 

ルーター端末無料は今や当たり前です。

 

やはり、キャッシュバック金額がいくらになるかは大きいです。

 

なんとGMOは、他社よりも最も高い

 

最大31,000円!

 

このキャンペーンは期間限定なのでお急ぎくださいね。

 

キャンペーンサイトはこちらです。

GMOとくとくBB WiMAX2+ 月額3,609円

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以下の内容は、過去のキャンペーンについてですので、
現状とは異なります。
参考までに掲載しておりますので、何卒御了承ください。

GMO WIMAXキャッシュバック特典で入会前のチェックポイントとは?

GMO WIMAXは1年契約ができるようになった!

 

まずは、GMO WIMAXは今まで契約期間が2年だったのが、
1年契約が可能になった。

 

やはり、1年経つとWIMAX端末も最新機種に変えたい。
1年も利用しているとバッテリーの消耗もあるし、
最新機種は連続利用時間が長くなったりと、性能もアップするからだ。
しかし2年契約だと途中解約で違約金16,380円が発生するので、
最新機種への変更が難しかった。。

 

まあ、1年使うのも、2年使うのも自由になったのは嬉しい。

 

GMOとくとくBB いちねん契約+キャッシュバックキャンペーン

 

キャッシュバックが合計22,000円

 

6ヶ月継続利用で、12,000円のキャッシュバック!
これは1年契約のWIMAXキャッシュバック特典では最高額だ。

 

更に、23ヶ月継続利用で10,000円のキャッシュバック

 

2年間利用したら、合計22,000円のキャッシュバックとなる。

 

キャッシュバックの受取りは、1回目の場合は、
5か月目に「ご指定口座確認通知メール」が送られてきて、
それに返信しなければならない。
受け取るメールアドレスは入会時に作成したメールアドレスなので、
メールソフトの設定もしておかなければならない。

 

何も手続きをしないと、キャッシュバックはもらえないので、ご注意!

 

2回目は22か月目に同様の手続きをすることになる。

 

 

GMO WIMAXは初期費用無料!

 

GMO WIMAXは初期費用無料でスタートできるのは嬉しい。

 

・WIMAX端末代金19,950円が0円
・事務手数料3,150円が0円
・端末送料が0円
GMOとくとくBB入会金が0円

 

WIMAXルーター端末が3種類から選べる!

 

■Mobile Slim(INFOMARK製)
■Aterm WM3800R(NECアクセステクニカ製)
■URoad Aero(シンセイコーポレーション製)

 

全て、端末代金、送料が無料。

 

それぞれ、クレードル、充電台が有料だが2,625円で購入可能だ。

 

GMO WIMAXの月額料金の支払い方法は?

 

毎月の料金の支払い方法は、
クレジットカード口座引落しが選べる。
口座引落の場合もすぐに利用が可能。
口座引落の手数料は無料。

 

口座引落手続きが完了するまで請求書での支払いとなる。
ちなみに請求書発行手数料は315円。

 

GMO WIMAX端末は最短5日で受け取れる

 

WiMAX端末機器は申込みから4営業日後より発送される。
地域にもよるが、最短5日で利用開始できるようだ。

 

期間限定、WEB限定の特典付き申込みGMO WIMAX公式サイト

GMOとくとくBB いちねん契約+キャッシュバックキャンペーン

 

 

WIMAXあるある

人気のWIMAXの1日利用プランという契約は、ネーミングでわかるように1日ごとにサービス利用料金を支払うことで使用するプランのことです。通常は利用しないが、外出したときや出張のときだけでいいから利用したいという方用の料金プランなのでぜひご利用ください。

搭載パソコンの増えてきたWiMAXを使えば、移動している途中の電車に乗車中でもタクシーに乗っているときでもインターネットに接続可能だから、日常業務の能率アップに役立つので、業務がぐんぐんはかどること間違いなしです。

電波発信局が多い場合は安定傾向にあるけれど通信速度が落ちてしまう、逆に発信局が遠いとか少ないときは通信が不安定になりがちだけれど速度は速くなる。こういった現象がWiMAXならではの特質です。

最近増えてきたタブレットだと完璧にはノートパソコンの代わりとなる機器にはなれませんが、軽量で小型なので持ち運びや起動スピードや操作がノートパソコンよりずっと簡単なので、以前に比べるとノートPCをいつも持ち歩いているという人は減ってきました。

便利なWIMAXをよく利用する方には、だんぜん一番人気の定額プランがお得だと思います。その料金については、"3800円"のものが大部分ですが、ときどき3千円台前半なんていういわゆる格安プロバイダ


魅力的なスマートバリューというのは、AU光以外であっても契約することが出来ますから、例えばよくあるケーブルテレビ局が提供しているインターネットサービスなどの違ったサービスも、考えてみても悪くないと思います。

接続が簡単なWiMAXの発信用のルーターをいろいろと比べると、当然使用できる時間が長いルーターの方が大切な場面で信頼できるし、大きさも可能な限りコンパクトで小さくて軽量化されている機器の方が人気が出ますよね。

ワイヤレスのWiMAXの回線速度であっても実務上はストレスを感じることはないのですが、光接続による1Gbpsという驚異的な速さは文字通り別世界ですね。こんな速さを経験したことがなければ、WiMAXを使用していてスピードに関するストレスはだれも感じないと思います。

注目のWiMAXは使用する帯域が2.5GHz帯ですが、建物の中は苦手で、室内においては窓際以外では全く繋がらないという場合も意外と多く、お使いの状況によっては使用不可能です。

今のところモバイルデータ通信を利用して回線速度の優位性を求めるというのは不可能といえます。利用可能なエリア内の同一位置であっても1階と2階とか、屋内と、屋外の差でも通信速度は変わるものなのです。


人気上昇中のWiMAX規格は他のシステムの電波の影響もかなり受けやすいので電波を発信している局からの距離とか周辺の環境、高い建築物、広い道路が近隣に存在するなどの影響を受けて安定性が下がるケースもあります。

エリア拡大中のWiMAXの電波は実は基地局からそんなに遠くまでは飛びませんし、基地局周辺でも建物の中に入ると電波の受信状態が悪くなって、利用する時間帯でも使うことができる通信速度が大きく落ち込む可能性もあります。

申し込んだときの料金の業者への支払い方法の違いによって、WiMax端末を発送する日がずれることもあります。原因は、WIMAX端末の発送を始める日は、申し込んだプロバイダの方で申し込み時に必要な料金の支払い方法がはっきりしてからになるためなのです。

インターネット回線の速度は約5Mもあれば動画であってもスムーズに視聴が可能ですし、もし7〜8Mを超える速さが出たら数値以外は速度の差については少しも実感できるような人はいません。

お手軽価格のWiMAXルーターに自分のスマホをWi-Fiで接続することで通信するのだったら、パケット通信をするのは親機の役割をしているWiMAXルーターのみで、スマートフォンについては費用の発生しないWi-Fi通信のみです。


ホーム RSS購読 サイトマップ